新チャット、動作を軽くしました。

新チャットですが、動作を軽くしました。

といっても、通常のチャット画面は「多少」軽くなった程度です^^;
現状でもまだ、100行以上にはしない方がよさそうです。

本当に軽くなったのは、ログ閲覧画面です。チャット画面の上部の帯の「ログ閲覧」のリンクから移動できます。
めっさ軽いです。そうするために、本当に表示を簡素化しましたけどね。うん(汗)

いくらなんでもシンプルすぎる、という声がありましたら、重くならないように注意して、多少見栄えを改善するようにします。

さて、チャットは大体一区切りついたかしら…。

新チャット、さらに機能追加。

細かい部分なんですが。

・コメント編集機能で、新たに「アイコン」「カラー」「スタンプ」「秘密会話相手」の変更ができるようになった。

これに付きます。もう、あとからなんでも変更できちゃう。

ですが……これだけの機能を詰め込んだ結果、少し、動作重くなったかも(汗)

動作おめーよ(´・ω・`)

という方は、言ってください。軽くするために機能削りますんで。

新チャット、「キャラなりきり」機能追加!

フンガー! エマさん、更新頑張っちゃうんだもんね!

というわけで、新チャットに早くも新機能追加です。

それは、「キャラなりきり機能!」

es-chat_narikiri

左上の「なりきり」チェックボックスをオンにすると、

↓こんな感じだったのが

es-chat_narikiri_1

↓こんな感じになります。

es-chat_narikiri_2

ちなみに、 (ルルたん、負けないぉ!) というように、発言をマル括弧で囲むと、

es-chat_narikiri_3

という風に、内心のセリフになります。

これで、みんな自分の好きなキャラになりきれるネ!

他にも、地味なところで、以下の様な機能追加があります。
・コメントを編集すると、視覚効果が発動するようになった。
・コメント編集で、「なりきり」と「ログ許可」のON/OFFも変更できるようになった。

さぁ〜、今後もどしどし更新していきますよぉーw

エマステリニューアル版のログイン画面ができた。

先日お話した、いずれ予定しているエマステの大リニューアルですが、

リニューアル版では、ログイン画面があります。ログインすると、イラストやコメントを投稿できたり、ゲームで遊べたりと、未ログイン状態よりもできることが多くなります。

ちょうど、こんな感じ↓

どうじゃ、カッコ良かろーw

もちろん、ログインしないとサイトが全く見れないとか、いきなり問答無用でログインを求められるとか、そんなことは全然なく、好きなタイミングでログインできます。あるいは、まったくログインせずに閲覧し続けることも可能です。

さて、ログイン画面ができたら、今度は肝心のコンテンツを作らねば。

みんな、リニューアル版、楽しみにしててね!

気分が……乗らんがな(´・ω・`)

なんといいますかね。

自分の家の自分の部屋。ここにはなんか、魔が潜んでいるのではあるまいか。

だって、全然やる気でないんだもん。

いや、ほら。エマステの更新だとか、CGの勉強だとか、仕事だとか(←仕事が最後に列挙される時点でもうねw)

やろうやろうとは思っているのですが、なんか気分が乗らんのですよ。自分の部屋。

で、図書館とかカフェとかでやると、はかどるはかどる。

一体どうなっているんだ……。カフェ代やら移動代も毎日続けるとばかにならんのだぞ。自分。
フツーに自分の部屋でやる気はでんのかい。

もしかしたら、私の部屋には、私のやる気を吸い尽くす魔物がやはり潜んでいるのかもしれません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

というわけで、多分明日も図書館かカフェに行くんだろうな。

そういうところで、(特にカフェで)MacBook Airを開くと「ノマド気取ってる意識高い人がいるよ〜〜〜w」とか思われたりしてやだなーって感じなんですがw 背に腹は変えられまい……。

というわけで、コメントレスです。


>>土斑猫さん


>新チャット完成おめでとうございます!!
>環境が一段落ついたらお邪魔しますんで、待っててね。

おお、ありがとうございます。ついさっき、お知らせのコメントを付けにうかがったのですが、
どうやら入れ違い……というかこちらに付けてくださったコメントに気づくのが遅れました(汗) 不覚……。


>それはそうと・・・


>何故貴方が、冬葉の暗黒面を知っている・・・?

なん・・・だと・・・?w
まさか、冗談のつもりでやったのだが。まさかまさか、真実だとでもいうのか・・・。
ち、ちがぅぅぅぅぅっ! おいらの冬葉ちゃんに、そんな暗黒面などあるはずがなぃぃぃぃぃぃっ!(悶絶)

今度そこらへん、チャットでくわしく・・・(ぉ

新エマステチャット、ついに公開!

皆さん、お待たせいたしました!

新エマステチャット、ついに正式公開だよぉ!

http://www.emastation.net/pets/communication/es-chat.html

正式版では、以前のβ版の機能に加えて、次の機能を備えております。

・複数人に対する秘密会話が可能。
・テキストカスタマイズ可能なスタンプ機能。
・入室・退室するときに、システムが「いらっしゃいませ」「さようなら」と言ってくれる。

まぁ、最後のは別にいいとして、

複数人に対して、一度に秘密会話を送信したいという要望は結構ありましたので、思い切って搭載してみました。
誰か一人がハブられたりしないかなーなんてちょっと心配だったんですがw
まー、エマステのみんなならそんなことしないよね♪

で、今回の目玉が、スタンプ機能。これですよ。これ!

どんな機能かって? まずは見てみいやw

es-chat_20150911_1

すごいっしょ? Lineのスタンプ機能みたいなことができちゃいます。
しかも、Lineよりも凄いのが、スタンプの絵の中のテキストを、自由に変更できちゃうんです!

え? 「ボクの冬葉はそんなこと言わない?」 すみまそんw

ヘタすると、スタンプのキャラのイメージを激しく歪めかねないこの機能。みんな、やりすぎは禁物ダゾ☆(←おまいが言うな)

さて、公開後、しばらく様子を見て、問題なければ今までのチャットから完全に移行しようと思っています。
スタンプも、「こんなの使いたい!」という要望あればどしどし受け付けるので、じゃじゃんと提案してみてくださいな♪

動画学習サイト&鑑真の苦労に比べれば、という話

Lynda.jpDigital-Tutorsという2つの動画学習サイトで、CGの勉強を始めました。

すでにCGの学校にも通っているんですが、それでは不足に感じたので。

後者は英語ですが、まぁなんとかなります。

Lynda.jpとDigital-Tutorsともに、Autodesk製品からAdobe Creative Cloudまで、幅広く学習動画が揃ってます。

1つずつこなしていけば、いずれ極められるハズだ。

いや、本当に、エマステを美麗ビジュアルで飾るのが夢なのさ。

挫けそうになることもあるけど、
今日のNHK歴史ヒストリア見まして。思ったんですよ(いきなり話飛ぶなおい)

あの高僧、鑑真って、中国から日本へ渡るのに5度も密航が失敗したそうです(最終的には成功するんですが)。

密告されて捕まるわ、船は台風で大破して遭難するわ、途中で両目とも失明するわ、散々な目にあっても、まだ諦めない。

それも、

「日本に、仏教の戒律を広めるため」

という、理想のためだけにです。金銭的な見返りなんてこれっぽっちもないわけで、当時、地獄門と呼ばれるほどの遭難率の高い危険な南シナ海を横断するという挑戦を何度やるわけですよ。
普通の人間なら、国家権力に捕まって脅されたり、海のど真ん中で遭難したりした時点でトラウマになって諦めるって(汗)

合計7000キロの苦難の道程ですよ。んなの見たらですね。

こちとら五体満足で、毎日それなりに生活できてるわけですよ。
そんなんでさ、勉強が時々苦になる、心折れそうになるっておい。目を覚ませ

「鑑真様の苦労に比べりゃあ、おいらの苦労がなんぼのもんじゃい!」

だろ。おいらの苦労なんて、チリみたいなもんだろ。

よし、頑張るぞ…! 我が理想のために!

話は変わるけど、ヒストリア見て、日本と中国、こういう繋がりもあったんだから、もっと仲良くできないかなって思いますよな。もっとも、今の両国家の当局の意向を見るに政治的には難しそうなんですが。
まったく、鑑真様はきっと嘆いておられるだろうよ(´・ω・`)

エマステ・真・リニューアル計画、始動!

 はい。一体おまい何回リニューアルリニューアル言えば気がすむのかと、管理人のエマさんです。

 今まで、エマステは何回かリニューアルを重ねてきました。
 何を持ってリニューアルか、というのは色々な観点がありまして、ページのデザインが変わった、とか、サーバーを移転した、とかの観点もあるんですが、それより、今回は、サイトの構造の元となる技術的な観点から見ていきます。

▪️最初期:ごく普通のHTML
 ごく普通のHTMLです。なんというか、のどかで素人感・手作り感溢れるページがたくさんありました。でもあれはあれで結構味があったのよね。
 トップページを何回かリニューアルもしたのですが、その程度は本当の意味でのリニューアルには当たらんだろう、ということで、それらはこの『最初期』に含めます。
 ちなみにホームページビルダーで作成してました。

▪️中期:フレーム多用期
 HTMLのフレーム(frameタグ)を使って、ヘッダーとフッターナビをつけた。ちょうど今のヘッダーとフッターの原型です。ブログを設置したのもこの頃です。
 ただし、フレームには色々デメリットもあり、
・SEO的に最悪(検索エンジンにひっかかりにくくなる)
・ブラウザをリロードすると、トップページに画面が戻ってしまう。
・どのページにいっても、ブラウザのURL欄がトップページのURLのまま(個別ページをブックマークしたりシェアしたりできない)。
 といった問題を抱えていました。このフレーム多用期は長く続き、長年の懸案になっていました。

 ちなみに、この中期か後述する後期に、例のエマステの導入ページを設置したような記憶があります。

▪️後期:フレーム排除期
 今です。
 基本的なサイト感はフレーム多用期から変わらないのですが、フレームを廃止し、ヘッダーとフッターをSSIという技術で実装しなおすことに成功しました。
 ちなみに、全HTMLファイルにSSIのタグを施すという、気が遠くなるような作業を長期間行い、ようやく実現したものです。バカですねww
 まぁ、でもそのおかげで、フレーム多用期にあったような欠点はなくなりました。
 が、特に技術的に優れているわけでもなく…。
 ちなみに、キャラ紹介ページがレイアウトが小綺麗になったり、小説トップページが3Dになったりと、部分部分のページを新しくしたり、ということがあったのはみなさんご存知の通り。
 とはいえ、その程度の部分部分のリニューアルは、リニューアルの内には入りません。
 あ、小説ページのリニューアルはちょっとした出来事かな。以前は、小説の1ページ1ページをHTMLファイルでやっていたんですが、今の『新しい』小説ページは、HTMLのテンプレートは一つで、小説のテキストデータファイルを読み込んで、その都度ページを動的生成するようになっています。これで、HTMLの構造を変えたりしたい場合でも、その1つのテンプレートだけを変えればいいわけ。って、わけわからんって人はごめんなさい^^;

そ・し・て。

今、これまでのリニューアルとは比較にならない、骨太で異次元で三本の矢かつエマノミクス的な(←フラグ設置)、すんごいリニューアルを計画しているのです!

「はい、またリニューアルね。バルスバルスw」

とか言っているそこのアナタ。次のリニューアルは本当にすごいんだから!

どうすごいかというと…。

▪️特徴
・シングルページ動的アプリケーション!
 え、なんだよそれ。ですよね^^; つまり、次のエマステは、Webサイトというより、Webアプリケーションになります。ページは動的に変化し、ユーザーがデータを投稿したり、交流しあったりできる箇所(チャットや掲示板以外にも)が多くなります。

・様々なコンテンツが『ユーザー参加型』になります。前述のように、データを投稿したり、交流したり、様々な楽しいギミックがエマステに加わることになるでしょう。

・https対応。つまり、みなさんのブラウザとエマステとの間の通信は、すべて暗号化されます。これは、前述のようなユーザー参加型の動的サイトを安全に実現するためには不可欠なものです。

 といっても、なんかピンとこないですよね。例えば、例を挙げるとですよ。
 現在のギャラリーページ、作品点数が少なく、全然更新されてないですよね。もちろん私の怠慢によるものなのですが^^; そもそも、しょっちゅうお絵描き掲示板に投下される絵をギャラリーに人力で追加するのは現実的ではないのです。
 そこで、(チャットシステムのように)お絵描き掲示板をエマが新たに自作し、そこに投稿された作品の中でひときわ人気の高いものは、自動的にギャラリーページにも動的に掲載される。そんな仕組みが可能になるということです。

 さらに、「しつじの世界&めいどの世界」もフルリニューアルしようと思ってます。今はなんか存在意義すら怪しいですが、これをマインクラフト的なゲームコンテンツにしようと思っています。常連さんがそれぞれ、天界で自分の家を建てたり、いろんなことができるようにしたら面白いんじゃないかな、と思ってます。

 とまぁ、そんな感じです。どう? 面白そうでしょ?

 「で、それ本当に実現できんの?」

 という疑問も当然あるでしょう。もちろん、すべて一気に実現できるわけではありません。優先順位をつけて、一つ一つやっていきます。
 徐々に、新しいコンテンツが出来てくるのを見守るのも、それはそれで楽しいと思うので、みなさんどうぞ生暖かく見守ってやってくださいw

 で、こういう仕組みを一体どういう風に実現するつもりか、という技術的な部分に興味のある方向けに、この記事の『続き』でだらだら書きます。プログラマさんや物好きな方は読んでみてください。そうでない方は、多分ざらっと眺めただけで読む気失せると思うので無理しないでねw

続きを読む