WebRPGツールを発表することになってしまった(汗)

ひょんなことで、ある技術の勉強会にて、WebRPGツールを発表することになってしまいました。

まだ作り直し中だよ。機能とか全然できてないよ(´・ω・`)

しかも参加者の半分くらい外人さんだよ。

発表日は9月22日。仕事もやりつつなので、英語で発表するにはあまりにも時間が足りない。
よって、スライドだけ英語にして、喋りは日本語でする予定。イングリッシュネイティブの方、すみません。

この週末までに、それまでできてた機能レベルを全部実装しなおして、さらに機能を追加しなければ。

特に、戦闘で通常攻撃しかできないというヘタレ仕様はどげんかせんといかんw

あー、なんかなー。TypeScriptで開発しているのにそれでもコードがカオスになってきている感がありますよ。

設計力とJavaScriptへの理解がまだまだ足りない。

もっと技術力UPせねば(´・ω・`)

そして、WebRPGツールの完成の暁には、例のエマステRPGシナリオ(Eシナリオ・Yシナリオ)をこのツールで作るのだ。

今に見ていろーw

新小説ページできたー

チャットではすでにお披露目しましたが。

新小説ページが完成しました。
MP3音楽対応、縦書き対応、ルビ対応、などなど……以前のページと比べてはるかに高機能になっております。

そして、内部構造的にも進化。
どういうことかといいますと、これまでの小説ページは、一つ一つのページが生のHTMLファイルだったんですね。
なので、小説ページのレイアウトを大幅に変えようとなると、変えたい範囲内のHTMLファイルを全部変更しなけりゃなりませんでした。

すでに小説ページのHTMLが大量にあるエマステにとって、これは大変な労力です。

そこで、今回の新小説ページでは、テンプレート(ベース)となるHTML上でJavaScriptを動かして、JSONというテキスト形式で保存してある小説データをロードすることで、小説を表示します。
レイアウトを大幅に変えたい、というときは、そのテンプレートのHTML1つだけを変更すれば済むのです。

これで、将来的に全小説ページのデザインをさらに進化させることも可能になりました。

いや、だからどうしたといわれればそれまでなのですが(笑) 中の人しかありがたみがわからない罠(´・ω・`)

さて、次はOtogiトップページとキャラ紹介ページのリニューアルです。
みんな楽しみにしててネ!(・∀・)

世の中は、襲ってくるしわ寄せに必至に耐える現場の人達によって成り立っている

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20130727-00026797/

普段は香ばしい系のネタを愛してやまない山本さんが、珍しく重みのある記事を書かれていましたのでシェア。

確かに、数値上の改善の裏には、しわ寄せのきた現場の苦労が常にあるわけで、そうした苦労は数値として算入されることは少ないわけです。

死人が出たり、相当数の人数の悲痛の叫びが顕在化してネットに火がつかない限り、そうしたものには会社は見て見ぬふりをしつづけるのが常のような気がします。

死人が出る的な惨事になる前に、そうしたものが確実に定期的に、会社の意思決定層にフィードバックされる仕組みが有り、経営層もその痛みを実感することが大事かと思いますが、そこまで実施している企業は少ないのでしょうね。

しかし、長期的な目で見れば、企業のサステナビリティ(持続可能性)という点で、きちんと対応したほうが企業側にとってメリットになるはずです。

そこはもう、短期的なコスト削減を重視するか長期的な安定を重視するか、の経営層の性格に関わってくるところかと思います。

組織に関わる全体層がそれなりに幸せになれる時代が、今より進歩した時代なんだと思います。

さて、コメントレスです。


>鳴蓼ゆるさん
>EMAさんの親父さんが反対と言うのであれば従った方が良いかもしれませんっていうかCTOなったらある意味エマステ諦める事になりますよ…?
よく練られた計画があるならまた別ですが…

はい、エマステのために使える時間が減ってしまうこともありますし、私自身で事業をより本格的にやっていくことも決意したので、CTOの件はお断りしました。
しばらくは、その会社さんの手伝いは続けますが……。
いずれにしても、これからもエマステにはしっかりリソースを割いていきますので、今後ともよろしくですー♪

CTO(最高技術責任者)として誘われたのだが……

今、ある会社の立ち上げを手伝っています。

立ち上げようとしている人は、私の元同僚です。あと少しで二十歳という、まだまだ若い人です。

そんな人がなぜ会社を起こそうとしているのか、私はよくわからんのですが、ともかく何かの助けになれればと思って、色々と支援しています。

最初は、アドバイスを上げる程度だったんですが、いつの間にかある案件の開発業務を丸ごとやることになったりして、ずぶずぶと吸い込まれ……ww

それどころか、CTO(最高技術責任という役員)になってくれ、とまで言われてしまいました。

家族に相談すると、当然「そんな若い人がやる会社なんてリスク大きいからやめとけ」の一点張り。まぁ、気持ちはわからんでもないw

どうなるかわかりませんが、よく考えて決めたいと思います。◯◯さん、あんまり期待しないよーにw

さてさて、今日のコメントレス……と行きたいんですが、今回はコメントが付かなかったのよ(´・ω・`)www

ではでは、また♪